光を纏う女

光を纏う女

  • Digital
    150 JPY

■いずれも作者ならではの独特な味わいを持つ以下の3本で構成された、おトクな短編集です。 ・エロティックでちょっと不気味で美しい不思議なサスペンス短編『光を纏う女』 (『月刊群雛2015年8月号』に掲載され、好評を博した作品です) こんな調子で始まります。 “金糸銀糸を纏う女が、俺を誘惑していた。ダブルオーセブンのゴールド・フィンガーで見たような金箔まみれではない、有機的ななまめかしさを感じさせる不思議な光りかただった。まさに、肉体に直接刺繍を施したように、女の肢体はキラキラとしなやかに煌めき、揺らめいていた。 そうだ、間違いがなかった。女は俺を、誘惑しているのだ。俺は身を乗り出して………”  続きは本編にてお楽しみください! ・シュールレアリスム的な掌編『波』 こんな調子で始まります。 “砂浜を歩く私の足下には白く泡立った波が渦巻いて、私の角張ったかかとをさらおうとしていました。私は沖へ向かって、少しずつ歩いていたのです。黒っぽい重い砂に少しだけつま先をめり込ませながら、私は歩いていました。 数歩進んだとき、私は感じました。ゆるゆると動く水の屈折を通して見える私のゆがんだ足先が、波のその下へと抜けていたことを。 その下? その下は砂のはずでした。けれども……”  続きは本編にてお楽しみください! ・SFミステリー風味の短編『瞳』 “右足、左足、右足、左足、右足、左足、右足、左足! 左手、右手、左手、右手、左手、右手、左手、右手! ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ! フッ、フッ、フッ、フッ、フッ、フッ、フッ、フッ! 飛べ! 無理だ! 曲がれ! 滑るな! 転ぶなアアッ! 真っ暗だ、真っ暗じゃないが、真っ暗だ! 目が合っただけだろう、いや、目すら合ってないだろう、なんなんだ、この男、いや、男かどうかも分からない。サングラスをしてた、帽子を被ってた、俺を見てた、そうだ、俺を見てた!”  なんとも、スリリングな始まり方ではありませんか!  続きは、本編にてお楽しみくださいねっ!

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

■いずれも作者ならではの独特な味わいを持つ以下の3本で構成された、おトクな短編集です。 ・エロティックでちょっと不気味で美しい不思議なサスペンス短編『光を纏う女』 (『月刊群雛2015年8月号』に掲載され、好評を博した作品です) こんな調子で始まります。 “金糸銀糸を纏う女が、俺を誘惑していた。ダブルオーセブンのゴールド・フィンガーで見たような金箔まみれではない、有機的ななまめかしさを感じさせる不思議な光りかただった。まさに、肉体に直接刺繍を施したように、女の肢体はキラキラとしなやかに煌めき、揺らめいていた。 そうだ、間違いがなかった。女は俺を、誘惑しているのだ。俺は身を乗り出して………”  続きは本編にてお楽しみください! ・シュールレアリスム的な掌編『波』 こんな調子で始まります。 “砂浜を歩く私の足下には白く泡立った波が渦巻いて、私の角張ったかかとをさらおうとしていました。私は沖へ向かって、少しずつ歩いていたのです。黒っぽい重い砂に少しだけつま先をめり込ませながら、私は歩いていました。 数歩進んだとき、私は感じました。ゆるゆると動く水の屈折を通して見える私のゆがんだ足先が、波のその下へと抜けていたことを。 その下? その下は砂のはずでした。けれども……”  続きは本編にてお楽しみください! ・SFミステリー風味の短編『瞳』 “右足、左足、右足、左足、右足、左足、右足、左足! 左手、右手、左手、右手、左手、右手、左手、右手! ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ! フッ、フッ、フッ、フッ、フッ、フッ、フッ、フッ! 飛べ! 無理だ! 曲がれ! 滑るな! 転ぶなアアッ! 真っ暗だ、真っ暗じゃないが、真っ暗だ! 目が合っただけだろう、いや、目すら合ってないだろう、なんなんだ、この男、いや、男かどうかも分からない。サングラスをしてた、帽子を被ってた、俺を見てた、そうだ、俺を見てた!”  なんとも、スリリングな始まり方ではありませんか!  続きは、本編にてお楽しみくださいねっ!