痛みの見せる夢

痛みの見せる夢

  • Digital
    200 JPY

その痛みこそが、過去を見せる その痛みこそが、未来を連れてくる その痛みこそが、見えなかった何かを SF雑誌『オルタニア』に創刊号から5回にわたって掲載された連作SF短編を加筆修正、新たなエピソードを(少々)加え、単著化しました。「痛み」と「夢」をキーワードに、めくるめくイマジネーションがたたみかけ、美しく、儚く、恐ろしく、愛おしい夢をあなたに運んでくれるでしょう。 当初それぞれの物語は独立した短編小説として書き始められ、超能力、宇宙人、人類滅亡、脳移植──と、ばらばらのテーマを持つように見えますが、愛の連鎖こそが主人公たちを突き動かし、物語を紡ぎ出すエネルギー源となっていることがわかるでしょう。 電子書籍化にあたり、改めて各エピソードが起こった時代順に並べ直すことにしました。通して読んでみると当初構想したよりもずっと各話の関連性は深く、最終的には一本の中編小説として楽しめるものとなりました。

その痛みこそが、過去を見せる その痛みこそが、未来を連れてくる その痛みこそが、見えなかった何かを SF雑誌『オルタニア』に創刊号から5回にわたって掲載された連作SF短編を加筆修正、新たなエピソードを(少々)加え、単著化しました。「痛み」と「夢」をキーワードに、めくるめくイマジネーションがたたみかけ、美しく、儚く、恐ろしく、愛おしい夢をあなたに運んでくれるでしょう。 当初それぞれの物語は独立した短編小説として書き始められ、超能力、宇宙人、人類滅亡、脳移植──と、ばらばらのテーマを持つように見えますが、愛の連鎖こそが主人公たちを突き動かし、物語を紡ぎ出すエネルギー源となっていることがわかるでしょう。 電子書籍化にあたり、改めて各エピソードが起こった時代順に並べ直すことにしました。通して読んでみると当初構想したよりもずっと各話の関連性は深く、最終的には一本の中編小説として楽しめるものとなりました。