フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん 〜とっても小さな九つの国①〜

フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん 〜とっても小さな九つの国①〜

  • Digital
    200 JPY

ほんわかしたお伽話『フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん』。 物語はそのままに、新たに描き下ろしの挿し絵を加えた電子書籍版です。また、本文中から劇中歌へのリンクを組み込んでいますので、BGMとして聴きながらお楽しみください。 ──ものがたり── フックフックの国に住むエビネルさんは仕立て屋の見習いで、トッカトッカの国に住むカニエスさんはきこりの見習いです。ある日、エックエックの偉大な王様が、こんなおふれを出しました。 「《世界で一番勇気のある若者》を、美しいお姫様のむことして迎える」 というのです。 エビネルさんとカニエスさんはそれぞれの理由で、勇気を手に入れるための旅に出発したのでした。 さて、二人は勇気ってやつを手に入れることができるでしょうか。そして、美しいお姫様を射止めるのは──? ■■■ 立ち読みコーナー(電子書籍では全漢字にルビを振っています)■■■ 1  フックフックの国に住んでいるエビネルさんはやせっちょで、お酒が大好き。トッカトッカの国に住んでいるカニエスさんは太っちょだけど、お酒はぜんぜん飲みません。いいえ、飲めないんです。だからなのか、やせっちょエビネルさんのお腹は出ていて、太っちょカニエスさんのお腹はぜーんぜん出ていないのです。  エビネルさんは仕立て屋の見習いで、毎日毎日美しい生地にアイロンをかけたり、服のほころびを縫い直したりして、暮らしていました。店のご主人は、お金持ちのご婦人方といつも楽しそうにおしゃれの話をしていたけれど、お給金の少ないエビネルさんは、余った生地を上手に組み合わせて使い、自分で縫った服ばかりを着ていたのです。エビネルさんはいつもいつも、楽しそうに話すご婦人方とご主人を見て、思っていたのです。ぼくもいつか自分のお店を持って、ご主人と呼ばれるようになるんだ、って。  あるとき遠い遠いエックエックの国のえらい王様が、世界中に向けておふれを出しました。  「美しい姫のおむこさんを探しているのだが、世界で一番勇気のある若者は、誰か?」と──。  フックフックのエビネルさんは、その話をリンダおばさんから聞きました。そのとき、おばさんはこう言ったのです。 「あんたのようなやせの大酒飲みは、決してお姫様のおメガネにかなうものかい」って。  それを聞いたエビネルさんは言いました。 「でもおばさん、王様はお酒のことをおっしゃってはいないじゃありませんか。ぼくはお酒が大好きだけど、それでひとさまに迷惑をかけたりなんかしない。だから勇気ってやつを示すことができたなら、ぼくにもきっと、お姫様と結婚する権利があるはずですよ」  おばさんは面白くなさそうに顔をしかめました。 「じゃあ、行ってみるがいいさ、あんたのようなくだらない男に、勇気の意味が分かるものかね!」  おばさんは、ケタケタといやらしい笑い声を立てて行ってしまいました。  2  トッカトッカのカニエスさんは、きこりの見習いです。親方を見習って真面目に修行を重ねていましたが、とっても臆病な性格で、キツネの鳴き声にも飛び上がって驚くようなありさまでした。毎日毎日木を切って、筋骨隆々の体なのにおかしいですね──カニエスさんは筋骨隆々なんじゃなくて、ただの太っちょさ、という人も多かったのですが──。  そのカニエスさんは、エビネルさんと同じ話をプルースおじさんから聞きました。 「お前さんよう、エックエックの王様を知ってるでな?」 「うん、知ってるともさ。うんときれいなお姫様がいるって話を聞いたことがあるよ」 「おう、それだそれだ。そのお姫さんのよう、おむこさんを探しているんだと」 「お姫様のムコって言ったら、王子様だろう? いいなあ王子様は、黙っていたって、お姫様がお相手なんだものなあ」 「それがよう、カニエス。ちがうんだと」 「ちがうって何がさ」 「王様が探してなさるのは王子様じゃあねえ、世界で一番勇気のある若者だってえ話さ」 「勇気かい、そりゃあぼくにはちっともないものだなあ」  カニエスさんは夢見るように青いお空を眺めました。雪のように真っ白い雲が、ふんわりと空を泳いでいました。 「最初からそんなこと決めるもんじゃあねえさ。なあ、カニエス、考えてもみな、お姫様と結婚すりゃあ、やがてはお前が王様だぞ」  カニエスさんはプルースおじさんのそんな言葉には耳をかさず、ただただお空の白い雲を眺めていました。 「ボンヤリしてねえで、おじさんにも夢の一つくらい見させてくれたらどうだね、カニエスよう。まさかお前、親のいないお前をここまで育ててやった恩を忘れちまったんじゃあるまいな」  プルースおじさんは、あきれたような怒ったような顔つきで、空の雲を見上げました。すると、どうしたことでしょう、真っ白だった雲が、しだいしだいに黒っぽい色に濁ったと思ったら、ばさりばさりと音が響いて、大きな大きなカラスが雲の中から飛び出してきたのです。 (本編に続く)

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

ほんわかしたお伽話『フックフックのエビネルさんとトッカトッカのカニエスさん』。 物語はそのままに、新たに描き下ろしの挿し絵を加えた電子書籍版です。また、本文中から劇中歌へのリンクを組み込んでいますので、BGMとして聴きながらお楽しみください。 ──ものがたり── フックフックの国に住むエビネルさんは仕立て屋の見習いで、トッカトッカの国に住むカニエスさんはきこりの見習いです。ある日、エックエックの偉大な王様が、こんなおふれを出しました。 「《世界で一番勇気のある若者》を、美しいお姫様のむことして迎える」 というのです。 エビネルさんとカニエスさんはそれぞれの理由で、勇気を手に入れるための旅に出発したのでした。 さて、二人は勇気ってやつを手に入れることができるでしょうか。そして、美しいお姫様を射止めるのは──? ■■■ 立ち読みコーナー(電子書籍では全漢字にルビを振っています)■■■ 1  フックフックの国に住んでいるエビネルさんはやせっちょで、お酒が大好き。トッカトッカの国に住んでいるカニエスさんは太っちょだけど、お酒はぜんぜん飲みません。いいえ、飲めないんです。だからなのか、やせっちょエビネルさんのお腹は出ていて、太っちょカニエスさんのお腹はぜーんぜん出ていないのです。  エビネルさんは仕立て屋の見習いで、毎日毎日美しい生地にアイロンをかけたり、服のほころびを縫い直したりして、暮らしていました。店のご主人は、お金持ちのご婦人方といつも楽しそうにおしゃれの話をしていたけれど、お給金の少ないエビネルさんは、余った生地を上手に組み合わせて使い、自分で縫った服ばかりを着ていたのです。エビネルさんはいつもいつも、楽しそうに話すご婦人方とご主人を見て、思っていたのです。ぼくもいつか自分のお店を持って、ご主人と呼ばれるようになるんだ、って。  あるとき遠い遠いエックエックの国のえらい王様が、世界中に向けておふれを出しました。  「美しい姫のおむこさんを探しているのだが、世界で一番勇気のある若者は、誰か?」と──。  フックフックのエビネルさんは、その話をリンダおばさんから聞きました。そのとき、おばさんはこう言ったのです。 「あんたのようなやせの大酒飲みは、決してお姫様のおメガネにかなうものかい」って。  それを聞いたエビネルさんは言いました。 「でもおばさん、王様はお酒のことをおっしゃってはいないじゃありませんか。ぼくはお酒が大好きだけど、それでひとさまに迷惑をかけたりなんかしない。だから勇気ってやつを示すことができたなら、ぼくにもきっと、お姫様と結婚する権利があるはずですよ」  おばさんは面白くなさそうに顔をしかめました。 「じゃあ、行ってみるがいいさ、あんたのようなくだらない男に、勇気の意味が分かるものかね!」  おばさんは、ケタケタといやらしい笑い声を立てて行ってしまいました。  2  トッカトッカのカニエスさんは、きこりの見習いです。親方を見習って真面目に修行を重ねていましたが、とっても臆病な性格で、キツネの鳴き声にも飛び上がって驚くようなありさまでした。毎日毎日木を切って、筋骨隆々の体なのにおかしいですね──カニエスさんは筋骨隆々なんじゃなくて、ただの太っちょさ、という人も多かったのですが──。  そのカニエスさんは、エビネルさんと同じ話をプルースおじさんから聞きました。 「お前さんよう、エックエックの王様を知ってるでな?」 「うん、知ってるともさ。うんときれいなお姫様がいるって話を聞いたことがあるよ」 「おう、それだそれだ。そのお姫さんのよう、おむこさんを探しているんだと」 「お姫様のムコって言ったら、王子様だろう? いいなあ王子様は、黙っていたって、お姫様がお相手なんだものなあ」 「それがよう、カニエス。ちがうんだと」 「ちがうって何がさ」 「王様が探してなさるのは王子様じゃあねえ、世界で一番勇気のある若者だってえ話さ」 「勇気かい、そりゃあぼくにはちっともないものだなあ」  カニエスさんは夢見るように青いお空を眺めました。雪のように真っ白い雲が、ふんわりと空を泳いでいました。 「最初からそんなこと決めるもんじゃあねえさ。なあ、カニエス、考えてもみな、お姫様と結婚すりゃあ、やがてはお前が王様だぞ」  カニエスさんはプルースおじさんのそんな言葉には耳をかさず、ただただお空の白い雲を眺めていました。 「ボンヤリしてねえで、おじさんにも夢の一つくらい見させてくれたらどうだね、カニエスよう。まさかお前、親のいないお前をここまで育ててやった恩を忘れちまったんじゃあるまいな」  プルースおじさんは、あきれたような怒ったような顔つきで、空の雲を見上げました。すると、どうしたことでしょう、真っ白だった雲が、しだいしだいに黒っぽい色に濁ったと思ったら、ばさりばさりと音が響いて、大きな大きなカラスが雲の中から飛び出してきたのです。 (本編に続く)